ガラス破りとその対策、犯行手口から考える防犯対策。

電気錠・オートロックなどの鍵交換ことなら有限会社グリフィンTOP

0120-843-069

お問い合わせフォーム

ご相談・お問い合わせはお気軽にご連絡下さい。

ガラス破りは、戸建・マンション・オフィス・店舗など様々な場所の空き巣手口の中で大多数を占める犯行手口です。
ここでは被害のデータとその対策をご紹介しています。

ガラス破りとその対策

窓の鍵周辺のガラスに大小様々な大きさの穴を開け、手や工具で直接鍵を解錠し部屋に侵入する手口です。
こじ開け イメージ

侵入盗が用いるガラス破りの手口は、大きく分けて3つ


こじ破り イメージ ドライバーなどの小型道具を使用し、窓の鍵周辺のガラスに指が入る程度の小さな穴を開け、錠前を直接解錠する手口です。
短時間であまり大きな音も出ずに解錠されてしまいます。
打ち破り イメージ ドライバー、バール、レンガ、植木鉢など大小様々な道具でガラス面を打ち破る手口です。
大きな破壊音はするものの、短時間で犯行に及ぶ、驚くべき大胆な手口です。
焼き破り イメージ 熱湯をグラスに注ぐと割れるという原理を利用し、火力の強いライターやバーナーで窓の鍵周辺のガラスを熱した後、霧吹きなどで水をかけ、急激な温度変化によりガラスに穴を開け、直接解錠する手口です。

ページのトップへ戻る

データで見るガラス破り被害

以下は平成20年度の警視庁統計による侵入手口とのグラフです。
ここでも明らかなように、近年最も多いのがガラス破りによる侵入です。
データで見る ガラス破り被害

ページのトップへ戻る

ガラス破りには窓の防犯対策工事が有効的です

防犯フィルム施工 / 防犯ガラス交換 防犯面格子設置
窓用補助錠設置

ページのトップへ戻る

グリフィンが選ばれる3つのポイントメールでのご相談・お問い合わせはこちらです