簡単設置で窓を見張る「振動・開閉検知センサー」商品詳細

電気錠・オートロックなどの鍵交換ことなら有限会社グリフィンTOP

0120-843-069

お問い合わせフォーム

ご相談・お問い合わせはお気軽にご連絡下さい。

両面テープで貼るだけで窓ガラスの外圧による振動(破壊)と開閉を同時に見張ります。
どちらか一方を検知すると大音量(約90dB/m)の警報音が警鳴(約20秒)し続けた後再び警戒状態に戻ります。

商品価格

商品名 振動&開閉検知形センサー
小売価格 \1,728-
※通販にてご購入の場合、設置可否が御座いますので下記詳細をよくご確認ください。
商品ご購入後、設置不可能な場合の返品交換は致しかねます。

  通信販売  

商品説明

取付け例

1. 窓の開閉時に本体と窓枠が接触しない場合(通常取付け位置)
取付けイメージ1 左図のように本体をクレセント錠など窓のカギの周囲に貼り付けます。
そしてマグネット部をもう一方の窓ワクの背に貼り付けます。
(本体とマグネット部の▲マークが合うように貼り付けます。)
このとき、本体とマグネットの距離が8mm以下になるようにして下さい。
8mmを越えていると、正常に動作しません。
2. 窓の開閉時に本体と窓枠が当たる場合
取付けイメージ2 左図のように窓を開ける時にあまり支障がない位置に貼り付けて下さい。
※ マグネット部は本体に対して左右どちらからでも動作します。
※ ドアの場合も同様に行います。
※ 貼り付け前には貼付面の汚れを十分に拭き取って下さい。

注意事項

■ すりガラスや表面に凹凸のあるガラス(ドア)には取り付けないでください。
本器が落下する場合があります。
■ 建て付けの悪いガタツキのある窓ガラスに取り付けると突風・強風や近くを通る大型車の振動などにより、誤報を出す場合がありますので取り付け前に窓ガラスを十分確認してください。
■本器が警戒状態のまま窓を開閉しますと、その時の衝撃や振動で誤報を出す場合がありますので、ON/OFFスイッチをOFF位置にしてから開閉してください。
■ 本器を2台以上同一の窓ガラスに使用した場合、1台が鳴り出すと、他も鳴り出すことがあります。
(故障ではありません。)
■ 鉄製の窓ワクやドアに本器を取り付けると、本体とマグネット部の距離を4mm以下に取り付けないと正常に動作しません。
■ 本器は超薄形構造ですので、取り外しの場合は本体を破損しないように石鹸水または市販のリムーバー(液状)を使用して慎重に取りはずしてください。
■ 本器は大音量の警報音を発生しますので耳の近くで鳴らさないでください。
■ 電池は乳幼児の誤飲防止のため、保管、破棄する場合は、乳幼児の手の届かない場所を選んでください。
万一誤飲した場合は医師に相談してください。
■ 本器は屋内専用です。お風呂場や台所など直接水や油煙のかかる場所には取り付けないでください。

仕様

品番 SAE-34
電源 LR44 アルカリボタン電池×3
消費電流 75mA75mA
音圧 約90dB/m
振動検知感度 2.0G以上(標準)
使用温度範囲 0~+40℃
質量 22g(電池含まず)
外形寸法 (H)64 × (W)64 × (D)8mm

ページのトップへ戻る

グリフィンが選ばれる3つのポイントメールでのご相談・お問い合わせはこちらです