安心の施工実績 電気錠 / 入退出管理システム施工例

電気錠・オートロックなどの鍵交換ことなら有限会社グリフィンTOP

0120-843-069

お問い合わせフォーム

ご相談・お問い合わせはお気軽にご連絡下さい。

電気錠 / 入退出管理システム 施工例

■ 施工例A 暗証番号解錠とタイマー制御
工事の概要
ビルのエントランスドアを日中は常に解錠状態にし、タイマーにより夜間と土日祭日は施錠状態にしたい、また夜間及び土日祭日の施錠状態時に外部からは暗証番号で解錠でき、解錠後扉が閉まると自動で施錠される様にしたい。
とのご要望でしたので、扉には電気錠、外側にテンキーユニット、扉の内側に退室用の押しボタン、を設置し、電気錠制御盤にタイマーを繋ぎ管理事務所内に設置しました。
施工前、施工後
施工例1-1
逆光で見難いですが、エントランスの内側から撮った写真です。エントランスに扉が2枚あり、内側の既存扉にそのシステムを導入したいとの事でした。 施工後に左と同じ様な位置から撮影した写真です。
施工例1-2
こちらの扉は下と上にしか框が無く、その他は全てガラスになっています。 扉の上側の框に専用のボックスを付けて電気錠を設置しました。
エントランス外側、エントランス内側
施工例1-3
エントランス外側にテンキーの操作機を設置し、施錠時間帯は暗証番号で解錠します。 テンキー操作機の設置場所が躯体だった為露出で天井裏まで通線しました。 エントランス内側に解錠用の押しボタンを設置し、施錠時間帯の退館時はこちらの押しボタンで解錠します。
上記システム例 / その他システム例はこちら

ページのトップへ戻る

■ 施工例B ICカード解錠と履歴管理
工事の概要
オフィス内の2ヶ所に非接触式のICカードによる入退出管理システムを導入し、入退出の制御及び履歴管理をしたいとのご要望でした。
但し、1ヶ所は既存の扉に電気錠を設置し入退出を制御し、もう1ヶ所は扉が無い通路にカードリーダーとセンサーを設置し、カードを持っていない人が通行しようとするとセンサーが反応して警告を促す様にしたいとの事でした。
扉外側、扉内側
施工例2-1
扉外側には入室用のカードリーダーを設置しました。
元々扉に付いていた暗証番号式の錠前を取り外して扉を加工し電気錠を設置しました。
その際に元々付いていた暗証番号式の錠前の切り欠きをステンレス製のプレートで隠し電気錠を設置しました。
扉内側に退室用のカードリーダーを設置しました。 電気錠の室内側には停電などでカードによる解錠が出来ない場合に室内にいる人が閉じ込められない様に非常解錠装置を設置しました。
また電気錠のケーブルは扉内を通し天井裏まで通線し、カードリーダーのケーブルはパーティションの枠内を通し天井裏まで通線した為全て隠ぺい配線する事が出来ました。
施工例2-2もう1ヶ所は通路に通過用のカードリーダー(矢印赤)2個とスピーカー内蔵の人感センサー(矢印青)を設置し、登録されたカードをカードリーダーにかざさないで通行するとセンサーが反応し「ここは機械警備を開始しています、すぐに退室して下さい」とアナウンスが流れる様にしました。
またカードリーダー及びセンサーのケーブルはパーティション内やパーティション枠内を通し天井裏まで通線出来た為全て隠ぺい配線となり見た目も綺麗に設置する事が出来ました。
施工例2-3電気錠、カードリーダー、センサーを制御する装置と管理用PCと通信する為の装置を1つにまとめたボックスをサーバールーム内に設置しました。
電気錠、カードリーダー、センサーを制御する装置と管理用PCと通信する為の装置を1つにまとめたボックスをサーバールーム内に設置しました。
上記システム例 / その他システム例はこちら

ページのトップへ戻る

■ 施工例C ICカード解錠と履歴管理(遠隔地を含む複数個所)
工事の概要
自社オフィスビルのエントランスに非接触式のICカードによる入室管理システムを導入し、 入室の制御及び履歴管理をしたいとのご要望でした。
また今後、同一建屋内の他の扉と遠隔地にある支店内の扉にも同じシステムを導入し、 それらの扉の管理を1ヶ所で行いたいとのご要望でした。
施工前、施工後
施工例3-1
こちらの既存扉にそのシステムを導入したいとの事でした。 こちらの扉は下と上にしか框が無く、その他は全てガラスになっています。 扉の外側にカードリーダーを設置し、非接触のICカードで解錠ができる様にしました。
カードリーダーを設置する場所が躯体だった為、露出配線となりました。
施工例3-2
エントランス内側に解錠用の押しボタンを設置し、退館時はこちらの押しボタンで解錠します。 扉の上側の框に専用のボックスを付けて電気錠を設置しました。
施工例3-3電気錠の制御機、カードリーダーの制御機、管理用PCと通信する為の装置を物置き内に設置しました。
管理用PCと通信する為の装置はLANケーブルを社内のハブに繋ぎ、そのネットワーク上にあるPCで尚且つ専用管理ソフトがインストールされているPCであればどのPCでも履歴管理などが可能になります。
施工例3-4 フロアヒンジも腐食が激しく、また90度扉を開けるとストップするストップ機能付きだった為、これではこのシステムを導入しても開けっぱなしになってしまう可能性があったのでフロアヒンジも交換しました。
上記システム例 / その他システム例はこちら

ページのトップへ戻る

グリフィンが選ばれる3つのポイントメールでのご相談・お問い合わせはこちらです